読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コアライオン’s blog

義務教育なんて受けたかどうか問われるレベルで『っえ?本当に中学校卒業した?』て聞かれるくらいのレベルですし、中学時代の先生には『やる気なさそうだから欠席扱いね』と学校通ったのに出勤として認められないし、小学校の時なんて虫を追っかけただけで終わった6年間ですし、幼稚園児の記憶なんて『ジャガイモ植えた』しか記憶にないし、リアルに保育園なんか脱走して中退したくらいの私です。 言ってしまえば『保育園中退』です。

写るんです♪ 再ブーム!? 注意する点は1つだけ!!

朝の散歩を終え家に帰り、ふとテレビをつけて見ていると『再ブーム 使い切りカメラ』とやっていたので、(うわぁー懐かしいな)と思い、今の若い娘達にも人気が出ているみたいです。

f:id:koalion0105:20170424140326p:plain

なぜ?
と疑問を抱く方も多いと思います。スマホにカメラ機能ついてるし、デジカメだってあるし、撮ったらその場で写りの確認もすぐ出来て便利なのに。

時代に取り残されて行ったモノと思われていた『使い切りカメラ』様。

 

今ではフィルムの生産の関係でFUJIFILMさんの『写ルンです』しか残っていないみたいです。

 

『使い切りカメラ』の全盛期の頃なんか(1990年代かな?)は旅に行く時は『写ルンです』は必需品であって

 

『しまった!カメラ忘れた!』

なーんて事が起きても

『ちょっと売店行って買ってくる』つってコンビニや、スーパーで大量に売られていた『写ルンです

あの時代では『写ルンですは青信号ぶっちぎりのイケイケ時代であり、むしろ歩行者天国の勢いで走り続けていたのに…懐かしいな…『写ルンです』よくお世話になりました…

 

今では赤信号で停滞して、時代に取り残されてしまった産物かと思いきやまさかの再ブーム。

 

フィルムで撮る時代が懐かしい我々ですが、スマホやデジカメが当たり前の若い世代には『フィルム』が新しく感じるみたいです。

時代は繰り返される。

と言いますが、時代が忘れられて風化してしまったら一周回って新しいって事なんでしょうね。 

でも便利なデジカメがあるのになぜ使い切りカメラなのか?

 

・見た目が可愛い

・味わいのある滲んだ写真写り

・現像した時のタイムカプセル感

 

確かに今となっても女子高生にはあの『写ルンですのモデルは人気がありそう。しかも今では専用カバーが売られていて自分の物とわかりやすくなっているみたい。

 

(スマホかよiPhoneカバーかよ?凄いな進化したな!おい!)

 

と思いつつ昔は『写ルンですにそのままマッキーで自分の名前を書いていました(´pωq`)お恥ずかしい。

写真の仕上がりも凄く味が出ていて人気があり。撮った写真のデータをInstagramなどのSNSでシェアするというカメラとインターネットでの貿易も繰り広げられている模様。シェアブームの波にも乗ってくる『写ルンです』。

 

(なんだよ?ほんとすげーな?プロサーファーかよ?世界最速のプロサーファー ミック・ファニング超えかよ?)

 

そして1番凄い事が『すぐに確認出来ない』というデメリットをメリットに変えてくる芯の強さ。

現像した時に『そうそう♪こういう写真撮ったー撮ったー(∩´∀`∩)』と思い出すのも楽しみみたいです。

 

(なんだよ?それ?弱点ないのかよ?絶望じゃねーか?ボス戦で弱点と思ってた攻撃が急に効かない第2形態みたいな?絶望的じゃねーか?フリーザの戦闘能力聞かされた時くらい絶望的じゃねーか?)

 

※今殴り書いていて気付いたのですが()の中は自分の心の声です。あしからず。

 

 

そこで『写ルンです』の注意点を1つ教えちゃいます!

 

1つだけ!

 

 

っえ?

1つだけ?

 


と思うかと思いますが基本的な

 


『暗い所ではフラッシュ』


『レンズに指が入らないか気を付ける』

 

『ピントの合う距離』


『フィルムは現像のため写真屋さんへ持っていく』


等については何となく分かると思うので割愛させてもらいます。

大切なのはこれ!

『フラッシュを準備した状態で強い衝撃を与えない!』

だと思います!

フラッシュを焚いた状態で強い衝撃を与えるとフラッシュが光ります。

これがフィルムに焼き付けられる時もあり、その時レンズに映った景色が同じフィルムのページに写されてしまい、合成された写真のような仕上がりになりまるで、心霊写真でも撮ったかのような写真になります。

 

 

⬇逆に遊んでみたい方はこちら⬇

ーやり方ー

まずフラッシュを準備します。

フラッシュが、炊けたら準備O.K.

後は叩きつけます。

右手でグー左手でパーの手と手を合わせる『ナルホド!』の動作のように右手に写ルンですを持ち、左手はパーにして、写ルンですの底の部分を左手に叩きつけて下さい。

 

叩きつける時に


『発射ぁーー!』や『ファイヤー!!』、『ファイナルフラッッッシューーー!』などより格好いい技名を叫ぶとより上手くいきます。

 

オススメは

『ギャラクシー・ビッグバン!』です。


ちょっとコツがいりますが『ビッグバン』の『バン!』で叩きます。
この『ギャラクシー・ビッグバン!』は難しいので1日100回くらいは素振りでフォーム練習した方が良いでしょう。

ダイヤルみたいなのをクルクル回すと次のフィルムページになりますが同じページで何度もこれをやると合成された写真のようになります。


 

…しかし、20年くらい前に写ルンですで遊んでいた情報なので出来るかな?

体験談待ってます。

それでは今日はこの辺で眠たくなって来たので、永遠の眠りにつきます。

アーメン。